アルファロメオ・フィアット専門店で修理・整備!|滋賀

TEL:077-586-7598

アバルト695シーケンシャルの修理

トップ > 新着情報 > アバルト695シーケンシャルの修理

新着情報

アバルト695シーケンシャルの修理

2020.04.26

メカニックのBです!

最近、変わった修理が有ったのでアップしました。

症状

1速に入れると何故かクリープしてリバースに入れるとギヤ鳴りがするとの事で入庫。

これってクラッチ切れてへんやん!でも走行距離は4万キロ未満 クラッチ摩耗は多分無いでしょう!

メーター内のエラーランプの点灯は無し。

点検

とりあえずテスターを接続。シーケンシャル本体&コントロールユニットのエラー無し。

クラッチカバーダイヤフラムの爪の異常摩耗  OR  折損等破損なのか?

とりあえずミッション降ろそっか!

 

IMG_3851 ゴロン!

クラッチもカバーもそれ相応の摩耗は有るが異常無し。レリーズシリンダーからのオイル漏れも無し。

アウトプットシャフトのガタやスリーブの異常摩耗も無い!

IMG_3886

ん~~!!!

何でレリーズシリンダーに付いているクラッチポジションセンサーが削れてるの?

 え~~!

IMG_3863-0

フライホイールを見てみるとプレッシャプレートが円周方向や軸方向に動く!それもカタカタと!

ダンパーが付いているので多少は動くのは知っているけど

カタカタ と言うよりも ガタガタ やん!

IMG_3884

修理

で 全て交換となり問題解消です!(当たり前やん!)

 

以前パンダでも同じようなガタで交換したな~!

でも500のツインエアーには付いてないんですが

ナゼなんでしょうね?